トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

トラックから黒煙が出るんですが原因はなんですか?

トラックから黒煙が出る原因として、様々な事が考えられますが、主に以下3つの項目が考えられます。

  • 吸入酸素量不足
  • 燃料の供給状態の不具合
  • 燃料の圧縮力不足

また、近年は排ガス規制が厳しくなり、黒煙を排出したまま走行していると違法車両扱いとなってしまい、罰則を受けてしまう可能性があるので注意しましょう。

吸入酸素量不足 これは、ディーゼルエンジンの構造上、吸入された空気は燃料だけではなく、空気を圧縮して得た熱で着火をする働きも兼ねています。そのため、エアクリーナーの清掃・点検を行う必要があります。
燃料の供給状態の不具合

1.燃料の供給量
燃料の供給量が多過ぎると、不完全燃焼を引き起こす原因になります。この供給量は噴射ポンプにより調整されているため、黒煙が出た場合はポンプの確認・点検を行なう必要があります。

2.燃料噴射のタイミング
燃料を噴射するタイミングが、早過ぎても、遅すぎても燃焼不良を引き起こし黒煙の原因となります。供給のタイミングは、噴射ポンプ・タイマーで行われるため、これらが正常に作動しているかどうかの確認・点検を行う必要があります。

3.噴霧状態
燃料のタイミングを図る噴射ポンプの状態が良好でも、ノズルからの噴霧状態が悪く、油滴や粒状などの状態で燃料が送り込まれても不完全燃焼の原因となります。噴射ポンプのノズルも確認・点検を行いましょう。

燃料の圧縮力不足 通常、燃料はシリンダーやピストンリングの働きで圧縮され着火されますが、これらが正常に動いていなかった場合ノッキングや不完全燃焼を起こす原因となります。シリンダーやピストンリングの点検、もしくはエンジンのオーバーホールをオススメします。

これらの項目の中には、点検費用だけならまだしも、修理費が数十万から数百万もかかる場合があります。

トラックジャパンは、オークションや海外輸出などの独自ルートを複数持っているため、高額買取が可能になっています。また、低年式や過走行、事故車などでも買取ができ、お支払いも現金支払いや振り込みに対応。書類手続き代行も可能です。トラックや重機、特殊車両の売却をお考えの方は、ぜひトラックジャパンにご相談ください!