トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

ラフタークレーンの高額買取ならトラックジャパン!

ラフタークレーンとは

悪路や狭路でも走行・作業対応ができ、70tもの吊り上げ能力がある車両も製造され、多くの現場で活躍しています。ラインナップも2t~10t、25t、50tと豊富なこともあり、建築業以外にも解体業などでも使われています。そのため、我々は、中古ラフタークレーンなら低年式・バッテリー切れなど、どのようなラフタークレーンでも無料で出張査定致します。もちろん、即日現金買取にも対応しております。ラフタークレーン以外にも、フォークリフトやユンボなど様々な重機も取扱っておりますので、その他の重機をお持ちのお客様は、その他の重機の売却をお考えの際は是非トラックジャパンへご依頼ください!

ラフタークレーン取扱メーカー

ラフタークレーンを製造・販売しているメーカーは少なく、日本では、タダノやコベルコクレーン、加藤製作所だけとなっています。過去には、コマツやIHI建機なども製造していましたが、現在は行っていません。また、日本国内のラフテレーンクレーン保有台数は2013年時点で約31,800台あり、その殆どを、タダノ、コベルコ、加藤製作所、コマツで占めています。

トラックジャパンの買取実績

  • エルフ
    • 買取
      金額
      180万円
    • 車種:エルフ
    • 形状:3段セルフクレーン
    • 年式:平成17年式
  • キャンター
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:キャンター
    • 形状:冷蔵冷凍車
    • 年式:平成23年式
  • フォワード
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:フォワード
    • 形状:ダンプ
    • 年式:平成6年式

ラフタークレーンの高額買取ならトラックジャパン!

ラフタークレーンといえば、前方に備え付けられたバケットでの土砂の積み上げが出来ることが特徴です。

見た目はオルタークレーンやトラッククレーンと似ていますが、大きな違いは、車両の大きさにあります。ラフタークレーンは狭い路地でも走行できるようになっていますが、オルタークレーンはそうではありません。

また、ラフタークレーンは、走行と作業を行う操作席が同じで、オルタークレーンは走行操作席と作業操作席が別になっていることも違いとしてあげられます。ちなみに、免許面で見ても、ラフターは大型特殊免許、オルターは大型免許免許が必要になります。

ラフタークレーンの高額買取査定ならトラックジャパンへ!

  • トラックの高額買取形状はこちら