トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

スーパードルフィンの高額買取ならトラックジャパン!

なぜスーパードルフィンは人気が高いのか?

日野スーパードルフィンは大量の物資を長距離運ぶのに最適な大型トラックです。日野スーパードルフィンは、カーゴ・ダンプ・トレーラー・ウィング車をメインに、クレーン付・冷凍冷蔵車・特装車等が市場に多く出回っています。日野の大型トラックは市場では値段が少し高めですが、その分性能が高く故障が少ない大型トラックの代表格で中古車としても人気です。大型トラックは新車の値段が高いため中古車販売市場の需要が非常に高く、高価買取可能なトラックです。

スーパードルフィン取扱メーカー

大型トラックの日野スーパードルフィン(SUPERDOLPHIN)を製造・販売している会社は日本の日野自動車株式会社(HINO)です。技術力の高さから国内だけでなく世界的に有名で一目置かれる存在になっており、国産No.1のトラックを製作し続けています。また、「世界のトヨタ」で有名なトヨタグループ16社のひとつでもあります。

トラックジャパンの買取実績

  • エルフ
    • 買取
      金額
      180万円
    • 車種:エルフ
    • 形状:3段セルフクレーン
    • 年式:平成17年式
  • キャンター
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:キャンター
    • 形状:冷蔵冷凍車
    • 年式:平成23年式
  • フォワード
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:フォワード
    • 形状:ダンプ
    • 年式:平成6年式

スーパードルフィンの高額買取ならトラックジャパン!

日野スーパードルフィンの駆動軸・車軸のラインナップには4×2、6×2、6×4、低床6×4、低床8×4と多様にあり、公道を走らない最大積載量30tの大型トラックやタンクローリー専用のシャシーなども製造されております。また、日野スーパードルフィンは発売当時この名前で呼ばれることはなく、1983年になって正式にスーパードルフィン(通称:日野ドルフィン)と呼ばれるようになりました。
1984年のドルフィンには、通称「シャッターグリル」「ブラインドグリル」と呼ばれる横線を基調としたルーバータイプが装着されており、1986年には通称「蜂の巣グリル」と呼ばれる四角の穴が上下左右に並ぶルーバータイプが装着され、1990年には「鬼グリル」と呼ばれる逆台形のデザインになりました。ちなみに2011年の国内ブランド別トラック販売台数にて日野自動車は、前年比20.9%増の20,337台を記録しシェアトップになり、更に2012年1月の生産・国内販売・輸出実績においても北米、アジア、アフリカ、中近東などに輸出が増加し、国内・海外ともに好調で前年比41%増の大幅プラスになり、新車・中古車を問わずその人気の高さが伺えます。

修理や整備が必要な事故車やPM不適合車、走行距離の長い過走行車、ローンの残っている車両、不動車、なんでも買取りますのでまずはお電話ください。どんな些細な質問でも構いません、買取に関するお悩みやご相談に専門スタッフが丁寧に対応致しますのでご安心ください。
もちろん即日現金買取にも対応しております!
トラックジャパンでは、お客様のご都合に合わせて電話・ネット・FAXの3つの方法で査定申込みを承っております。(お急ぎの場合は、お電話でのご連絡が一番早いです。)
お客様のお電話をスタッフ一同お待ちしております。

スーパードルフィンの高額買取なら「トラックジャパン」にお任せ!

  • 重機買取メーカー一覧