トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

木材運搬車の高額買取ならトラックジャパン!

なぜ木材運搬車は人気が高いのか?

木材運搬車は、アオリの代わりにスタンション(ポール)が搭載されたトラックです。原木の運搬専用に架装された車両のため、転用しにくかったり公道の走行ができなかったりと汎用性は低いですが、林業を行う上では欠かせない車両のため、中古車市場でも需要があり、高額で買い取る事ができます。

木材運搬車取扱メーカー

主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)です。主な木材運搬車製造業者は浜名ワークス、山本車体などがあります。

トラックジャパンの買取実績

  • エルフ
    • 買取
      金額
      180万円
    • 車種:エルフ
    • 形状:3段セルフクレーン
    • 年式:平成17年式
  • キャンター
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:キャンター
    • 形状:冷蔵冷凍車
    • 年式:平成23年式
  • フォワード
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:フォワード
    • 形状:ダンプ
    • 年式:平成6年式

木材運搬車の高額買取ならトラックジャパン!

木材運搬車は、山や森林で伐採した原木を加工工場や製材所へ運搬するトラックです。通常のトラック荷台と違い、アオリの代わりにスタンションと呼ばれるポールが架装されていて、これによって原木を支える仕組みです。
原木は1本あたりの重量が500kg~1t以上にも及ぶため、積み込みの際には荷台に搭載されたヒアブ(グラップル)やユニックが用いられます。なお、通常と異なり、これらのクレーン装置がリアゲートに搭載されている車両が多いのも木材運搬トラックの特徴です。

悪路でも走行可能な木材運搬車
木材運搬車は、主に工場や製材所など林内での原木運搬作業に使われています。原木1本あたりの重量が重いため、主に積載量5t以上の大型トラックが使われることが多く、中には最大積載量15t近い車両も存在します。
山林など軟弱地で稼働する機会が多い場合は、タイヤではなく三角クローラーを装備して不整地走破性を確保します。ただし、ゴム製クローラーではなく鉄製クローラーを装備した場合は、公道を走行することができないので注意が必要です。

木材運搬車の高額買取査定ならトラックジャパンへ!

  • 重機の高額買取形状はこちら