トラック買取ならトラックジャパン!55,000件以上の査定で高額買取実績!トラック買取ならトラックジャパン!55,000件以上の査定で高額買取実績!

  • 0120-979-356
    受付時間 9時~19時(日曜除く)
  • Web査定

トラック買取ならトラックジャパン!55,000件以上の査定で高額買取実績!

積載型クレーン(ユニック)の始業前点検表のテンプレートはありますか?

始業前点検表は以下からダウンロードできます。

ダウンロード
記入例】【Excel版】【PDF版

積載型クレーンは、移動式クレーンやユニックも含まれます。これらのクレーンは、労働安全衛生法と同法に基づくクレーン等安全規則によって、1年以内ごとの年次自主検査、1ヶ月以内ごとの月次自主検査、作業開始前の日常点検を行なうことが義務づけられています。

対象となるクレーンは以下などが挙げられます。

  • 吊り上げ荷重0.5t以上の全てのクレーン
  • 吊り上げ荷重0.5t以上の全ての移動式クレーン
  • その他クレーン等安全規則の適用を受けるデリック、エレベーター、建設用リフト及び簡易リフト

もし、定期点検を行わなかった場合は、労働安全衛生法違反とみなされ50万円以下の罰金などの罰則が課せられる可能性があります。

これら、年次及び月次の定期自主検査を行うには、特別な資格等は必要とされていませんが「定期自主検査安全教育要領」に基づいた教育を検査者が実施することが厚生労働省から推奨されています。また、年次検査の項目は100数ヵ所の点検及び荷重試験が、月次点検の場合でも数十ヵ所の点検項目が定められており、この点検内容を記録し3年間保管することが法律で定められているので、年次点検及び月次点検は専門の業者に依頼した方が良いでしょう。

始業前点検に関しても、十数ヵ所の点検項目がありますが、いずれも日常的に行なうことのできる項目となっていますので、始業前検査は必ず行うようにしましょう。

この点検表の記入方法は、見本に記載してあるように○×及び、レ点でのチェックをするだけで対応できます。積載型クレーンの日常点検では以下の検査項目が義務付けられているので、異常や損傷がないか怠りなくチェックするようにしましょう。備考欄には、報告として特に気になったポイントを具体的に記載すると良いでしょう。

トラックジャパンは、オークションや海外輸出などの独自ルートを複数持っているため、高額買取が可能になっています。また、低年式や過走行、事故車などでも買取ができ、お支払いも現金支払いや振り込みに対応。書類手続き代行も可能です。トラックや重機、特殊車両の売却をお考えの方は、ぜひトラックジャパンにご相談ください!

いざ!トラック高額査定!

形状
車種
年式
車両所在地
詳細情報の入力へ