トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

活魚運搬車の高額買取ならトラックジャパン!

なぜ活魚運搬車は人気が高いのか?

活魚運搬車は、漁港から生きたまま魚を運搬することができるトラックです。活魚運搬車の技術は海外でも活用されるほどで、水産系の現場では欠かせない車両となっています。鮮度が重要な飲食店にとっては欠かせない存在のため、中古車市場でも人気が高く、高額で買い取る事が出来るトラックです。

活魚運搬車取扱メーカー

主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス、トヨタです。
特殊な形状になるので、架装メーカー自体は少なくなっています。

トラックジャパンの買取実績

  • エルフ
    • 買取
      金額
      180万円
    • 車種:エルフ
    • 形状:3段セルフクレーン
    • 年式:平成17年式
  • キャンター
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:キャンター
    • 形状:冷蔵冷凍車
    • 年式:平成23年式
  • フォワード
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:フォワード
    • 形状:ダンプ
    • 年式:平成6年式

活魚運搬車の高額買取ならトラックジャパン!

活魚運搬車の車体は、海水の影響による錆を防止するためにステンレスやアルミ素材で製造されています。荷台は水槽型になっていて、軽量かつ遮熱性に優れているFRP(ガラス繊維強化プラスチック)と断熱材の複合板で構成されています。そのため、外気温の影響を最小限に抑えつつ海水を自然な状態に保つことができます。
他にも、魚を新鮮な状態のまま運搬するための機能として、エアー循環器、酸素供給機、ろ過装置、水流水温調節機など様々な装置が取り付けられています。更に管理を徹底している場合は、水槽内モニターや水温計を備えていることもあります。

現代の食文化を支えるのに欠かせない活魚運搬車
活魚運搬車は生きたまま魚を運搬できることから、市場や料亭などの飲食店ほか、水族館への活魚運搬まで新車・中古車問わず多くの車両が幅広く利用されています。魚介類の積載量は、水量の10%~30%程度が標準となっているため、最大積載量に対する実際の積荷の重量はそれほど多くありません。これは小型は2t車から、大型は10t車まで幅広いラインナップを揃えることによって対応されています。
また、運搬する積荷の量や種類によって水槽内に仕切りを作ることもできます。これによって従来活魚を運搬できなかった遠方や狭所の店舗へも卸すことが可能になり、現代の食文化を支えるには欠かせないトラックとなりました。

活魚運搬車の高額買取査定ならトラックジャパンへ!

  • 重機の高額買取形状はこちら