トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

トラック買取のトラックジャパン|高価買取・全国無料査定!

リアダンプの高額買取ならトラックジャパン!

なぜリアダンプは人気が高いのか?

リアダンプ

リヤダンプ等のダンプトラックは主に土砂や砂利、産業廃棄物を運搬する際に使用され、国内シェアも高く需要があります。主に砂利販売業、建設業、自動車運送事業、砂利採取業、砕石業、採石業など多くの企業が利用しています。そのため中古車市場でも人気があり、高額で買い取る事が出来るトラックです。

リアダンプ取扱メーカー

主な日本のトラックメーカーは、日野、三菱ふそう、いすゞ、UDトラックス(日産UD)です。
主なダンプトラック製造業者は新明和工業、極東開発工業、東急車輛製造、小平産業があります。

トラックジャパンの買取実績

  • エルフ
    • 買取
      金額
      180万円
    • 車種:エルフ
    • 形状:3段セルフクレーン
    • 年式:平成17年式
  • キャンター
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:キャンター
    • 形状:冷蔵冷凍車
    • 年式:平成23年式
  • フォワード
    • 買取
      金額
      150万円
    • 車種:フォワード
    • 形状:ダンプ
    • 年式:平成6年式

リアダンプの高額買取ならトラックジャパン!

ダンプトラックは大きく二つの種類に分かれており、一般公道を走行可能な普通ダンプトラックと大規模工事現場など向けの重ダンプトラック(オフロードダンプ)があります。その中でもリアダンプ(リヤダンプ)は普通ダンプトラックに区分され国内シェアが最も高く、荷台を傾けて積荷を一度に下ろす機能を持っているため、土砂や廃業廃棄物を運搬するために工事現場などで活用されています。さらに、荷台が滑り台のようにフラットな状態になるリアダンプをLゲート(Fゲート)ダンプと呼びます。

ダンプトラックで普及率の高いリアダンプ!
リアダンプは国内のダンプトラックの中でも一番普及しているダンプトラックであり、中古販売でも人気の車種となっています。使用する業種別には砂利販売業が最も多く、他にも建設業、自動車運送事業、砂利採取業、砕石業、採石業などがあり、除雪用にも使用されています。また工事現場に荷物や材料を運搬する際にも見かける機会が多く、新車・中古車ともに国内でのシェアが最も高いこともうなずけます。

リアダンプを含むダンプトラックには以下のような種類が存在します。

【リアダンプ】一般的なダンプトラックで、日本で一番シェアが高い
【サイドダンプ】左右側面に傾けることができるダンプトラックで、建設現場でよく活躍している
【リフトダンプ】高所に積み荷を降ろすことが可能な便利なダンプトラック
【三転ダンプ】リアダンプとサイドダンプの機能を兼ね揃えたダンプトラック
【Lゲート(Fゲート)ダンプ】下側ヒンジが開閉し、滑り台のようにフラットな状態になるダンプトラック
【ファームダンプ】主に農作業や除雪作業などに使用されている土砂禁ダンプトラック

ちなみに普通ダンプトラックは日本の法律で最大積載量11トンまでと定められており、ダンプの側面に管轄する運輸支局、事業の種類、車両固有の番号を表示する義務があり、「販」は砂利販売業、「営」は運送業、「建」は建設業、「他」は廃棄物処理業を示しています。
また、最大積載量により大型、小型が区分されています。

【大型ダンプ】最大積載量10トン、車両総重量が20トン未満
【中型ダンプ】最大積載量4~5トン、車両総重量8トン
【小型ダンプ】最大積載量2トン未満、車両総重量4トン未満

リアダンプの高額買取査定ならトラックジャパンへ!

  • 重機の高額買取形状はこちら

いざ!トラック高額査定!

形状
車種
年式
車両所在地
詳細情報の入力へ
  • 重機の高額買取形状はこちら